開業に向けての準備

開業するときに相談を


トップ / 開業するときに相談を

経営者のための情報

開業にかかる費用を捻出するには

商法が改正されて手元資金が少なくても株式会社や合同会社を設立して開業する、ということが昔に比べると容易になりました。それでも法人設立となると、登記にかかる印紙代など費用がかかります。多くの人は開業前には運転資金などに目を向けて、なかなか設立費用などには気を使いませんが、イニシャルコストとして認識していたい費用の一つです。費用の捻出は設立者の最初の仕事かもしれません。副業としてスタートする場合は、法律事務所を利用してコストを抑えるためにも、準備期間を設けるようにしたいものです。

経営は損得勘定が大切です

経営的な感覚を磨きたいと思うなら、まずは損得勘定に強くなりましょう。ビジネスはボランティアではありません。利益を出さなければなりません。常に損得勘定を頭において、利益が確実にできるようにしましょう。希望的な観測で利益が出るのではなく、最悪のケースでも利益が出るようにしなければなりません。ビジョンや夢も経営には大切ですが、最も大切なことは現実的なことです。裏づけされたものであり、理想ではなく、現実的に生きるべきです。抽象的なものはビジネスには役に立ちません。具体的なことを掲げ、実行することが大切です。