経営の段取りを知る

開業から経営への道のり


トップ / 開業から経営への道のり

経営者のための情報

開業して経営をする前に

経営をする人には、会社を継ぐ人と、会社を開業する人がいます。開業をする場合には、そのための準備が必要です。開業したくてもできない人の一番の悩みは、なんと言っても資金の事だと思います。資金も勿論大切な要素なのですが、ここでは気持ちの面での準備について書いていきます。開業する際に大切なのは、思い切り、です。本当にしたい事があるのなら、どれだけお金がなくても、成功させる事を決意して借金をしてでも開業できるはずです。そういう点で考えると、やはり経営を始めるために一番必要なものは資金ではなく、思い切りの良さなのかもしれませんね。

こんな準備はしましたか?

気持ちを整えたら、次は経営の準備です。まずは、会社専門の銀行口座をつくりましょう。銀行の選び方は色々ですが、取引先となりえる業者が多く使っている銀行を使うのが良いでしょう。経理は会社の存続を考える上でも一番大切なポイントになります。経理の準備は入念に行いましょう。特に資金計画は専門家に相談しながら準備するといいと思います。面倒な会計は会計ソフトをダウンロードし、少しでも仕事を簡略化すると良いでしょう。これらの準備が整ったら、税務署へ行き、経営する会社の開業を知らせます。開業に必要な書類を埋め、提出すると、やっと会社を設立した事になります。