経営で夢をかなえる

定年後の経営者になる


トップ / 定年後の経営者になる

経営者のための情報

飲食店の経営をするためには

脱サラして自分で商売を始めたいと思う人はとても多いでしょう。中には定年退職後に趣味で始める人もいるかもしれません。たとえば自分が好きなカフェやコーヒー店といった飲食店を経営したいと思うときには、まずは店舗物件から始め、店内インテリアや店の備品などを揃えるところから始め、どういったメニューを出すかなどを考えることは大変でありながらとてもワクワクする作業でしょう。自分が店主であるということは何かあったときに全責任を負うということですが、好きでやっていること、リスク管理も含めて飲食店経営という夢に挑みましょう。

最初の経営計画が大事です。

起業の際は、第三者にも確認をしてもらい、経営計画に甘い見積もりがないかしっかり見てもらう事が重要です。多くの場合金融機関からの融資を受けると思います。その際金融機関の担当者からは本当に融資に値する企業かどうかを見極めるために計画には厳しい質問がされるかと思います。しっかりと受け答えが出来、相手方を納得させられるプランが練られていないようではまだ会社を興すのは尚早だということになるでしょう。会社は興してからが大変です。継続的に利益を出せる体質にするためにも、最初の経営計画が重要です。