会社設立について

会社設立で必要な費用とは


トップ / 会社設立で必要な費用とは

経営者のための情報

会社設立の費用はどれくらいか

会社設立には設立登記が必要です。設立登記は、自分で手続きをするか、または専門家である司法書士に依頼することができます。まず、会社の基本法ともいうべき定款を作成し、収入印紙4万円を貼付して公証役場で認証を受けます。認証には約5万円の手数料が必要です。ここまでの約9万円強は、法定の費用なので節約することはできません。認証を受けたら、法務局に登記を申請します。その際に必要な登録免許税は資本金の額の1000分の7ですが、株式会社の場合は15万円、合名・合資・合同会社の場合は6万円という最低限度が設定されています。

魅力のある経営者とは

魅力のある経営者とは社員の主体性、自主性を最大限に尊重し、元気に働かせてくれる人です。また、最後の責任は自分が取ると宣言し、社員に安心感を与える人です。魅力ある経営者になるためには日頃から会社に関係するすべての人々と積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を構築する事です。味方が多ければスムーズに企業の運営を行う事が出来ます。机上や読書等で知識や経験を積むのではなく、商いが行われている現場で多くの経験や知識を得る事がそれになるためには重要です。